Work RX-78 GP03S STAMEN ver,2.0
Roll Out December 31.2005
Support
Comment 結局1年近く掛かってしまったしまいましたが
2005年を無事締めくくることが出来ました。
多くの方のサポートがなければ完成することは出来ませんでしたし
このような機会を与えてくださった皆さんの暖かいお気持ちに
感謝でいっぱいです。

最後には完成を急いだためもあって精度に難もありますが
自分なりに出来ることはしたつもりです。
『君の笑顔…』企画サイトとは違う画像も用意してあるので
良かったらご覧下さい。

堅い挨拶になりましたが、いや、疲れたしホッとしましたわぁ^^
最後はインセクトピンなくしたり、スミイレの修正も忘れてしまっていたんですが
飾っておくには十分かと、自己満に浸ってる次第です^^;

今回1番難しかったのが、曲線、直線のバランス。
0083系のMSの特徴と言えるこのラインの処理に頭を悩ませましたが
なんとか見せ物にはなったんじゃないかと思ってます。
後部バインダーのラインは一見ストレートのように見えて、ちょっとアールを
付けたり、歪んだ感じににしています。
本当はもうちょっと違う見せ方をしたかったんですが、今の自分には
レベルが高過ぎでした(汗)

なんやかんやで最後はかなり楽しく制作できたんで、完成時の喜びも
それなりのものでしたけど、つくづくガンプラって奥深いなぁと
勝手な感傷に浸ってる始末です^^

<Re-taking Pictuers>


Construction
HEAD ・フェイスをペガンから移植。
・センサー、カメラ部分にラピーテープを貼ってます。
・アンテナをシャープに。他に大きな変更なし。
BODY ・ペガンのボディユニットを移植。
・コックピット部分のみステイメンのパーツを用いてペガンの
 襟パーツと一体化。
・上記に伴い胸左右のブロックを独立化。
・胸左右にパテを盛りアールを出すように若干形状変更。
・胸部中央のセンサーをオミット。緩やかなラインに形状を変更。
・また胸部のダクト部分はステイメンのパーツを形状を変更して
 ペガンのダクト部分に収まるようにしています。
・コックピット部分の接続部分のポリ部をパテ埋め。開閉はしません。
ARM ・肩アーマーはペガンのパーツに市販モールドを埋め込み
 パテにて一体化。また表面にアールが出るように形状変更。
・腕の付け根(肩軸)のパーツはペガンから。
 接続部分に市販の丸モールドを挟み込む。これで5mmほど腕の延長も。
 これでペガンの可動範囲の広さを確保できました。
Waist ・フロントスカートのモールド部分に市販パーツに変更。一体化。
・サイドバインダーはエッジをシャープにした以外変更なし。
LEG ・太もも、スネ、脹脛周りのパネルラインを削り込みインナーフレームを
 見せるように開口。
・太もも、スネ、脹脛周りのパネルラインを削り込みインナーフレームを
 見せるように開口。
BACK ・ランドセル接続部分は背面の突起部分を切除し、ステイメンのパーツが
 はめ込めるようにプラ棒にて接続部分を新造。
・後部バインダーは半分程度に一旦切除。バーニア部分に
 市販の大型バーニアを接続。またプラ板にてバインダーの形状を変更。
・延長したバインダーは曲線的なラインに仕上げています。
Paint
■White Fホワイト[FC]+カーボンブラックマット[FC]
→Fホワイト[FC]
■Blue Fホワイト[FC]+Fブルー
→コバルトブルー[MC]→蛍光ピンク[MC]→Fホワイト[FC]
■Red Fホワイト[FC]+シルクレッド[FC]
→シルクレッド[FC]+オレンジ[MC]+蛍光レッド[MC]
■Yellow Fホワイト[FC]+オレンジ[MC]
→ピュアイエロー[FC]+Fホワイト[FC]+オレンジ[MC]
■Gray Fホワイト[FC]+カーボンブラックマット[FC]
■Others Silver : ブラック[MC]→メッキシルバー[MC]
Black : カーボンブラックマット[FC]+Fホワイト[FC]
Finish 塗装後ガンダムデカールを少なめに貼り、薄めにスミイレを行いました。
またコートはせず、塗料の艶をそのまま生かしています。

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO